消費者金融系カードローンは比較的審査が緩く時間と手間もかからずスピーディーに融資を受けることができます。しかし無職や専業主婦などは新規での借り入れが法律の改正によって出来なくなりました。これを総量規制といい年収の3分の1までしか借入ができなくなったので収入のない人には融資をしてはいけないという決まりになりました。

しかし銀行系カードローンであれば専業主婦でも借り入れができます。その条件は配偶者に安定した収入があるということです。しかし銀行系カードローンは審査もきびしくまた必要書類などもいります。配偶者の源泉徴収や夫婦である証明する書類などが必要となり消費者系カードローンとは違い手間と時間がかかる傾向にあります。しかし銀行系カードローンの最大のメリットは消費者金融系カードローンと比べて格段に金利が安いということです。

 お金を借りるということに伴ない必ずつきまとう金利はなるべく安く押さえた方が金利の節約にもなります。自分にあった融資を受けることがとても重要だと思います。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>